大田区手をつなぐ育成会

大田区手をつなぐ育成会とは・・・

大田区手をつなぐ育成会は、知的発達障害児者の親の会です。行政や関係機関と連携を図りながら、住み慣れた地域で、それぞれの思いを大切に、誰もが安心して暮らすことのできる共生社会の実現と、教育・福祉の充実を目指し日々活動しています。1956年に発足し、60年以上続いている団体です。

現在育成会の役割は、福祉サービスの多様化と社会状況の変化に合わせ、会員の皆様にわかりやすくタイムリーに情報をお伝えすること、その人らしく地域で共に暮らしていくための理解啓発の活動と権利を守っていくこと、その中で人と人とのつながりを大切にしていくことと考えています。

会員のみなさんとともに歩んできた育成会です。みなさんとともに考え、おひとりおひとりの思いを大切にしながら、これからも歩んでいきたいと思います。


TOPICS

会員の皆様へ  令和3年度の活動および中止について

★新型コロナウイルス感染拡大状況を受け、会員の皆様の安全を考慮し、
 集会形式の活動は、当面の間、自粛とします。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

・チャリティーバザー・・・中止 *新型コロナウイルス感染拡大防止と皆様の健康を守るため、例年7月に行っていた
                 チャリティーバザーは中止とさせていただきます。会員の皆様のご理解とご協力をお願い
                 いたします。

【心のとも鉛筆販売について】
ちえの友鉛筆販売株式会社のご協力のもと昭和37年から続いてきた活動は、在庫を完売したところですべて終了となります。個人で購入を検討されている方は事業部までお気軽にお問い合わせください。数に限りがあるためご希望にそえないこともありますので、あらかじめご了承ください。
〈在庫数〉鉛筆〔B〕91本 *他の商品は完売しました。(令和3年4月22日現在)
〈問合せ先〉080-4803-2316(事業部携帯)

カード形式の障害者手帳の交付開始のご案内

令和2年10月1日(木)以降に手帳の申請等をおこなう方(すでに手帳をお持ちの方でカード形式への切り替えを希望される場合は、再交付申請を行ってください。)
問合せ先・申請先:各地域福祉課へ
詳しくは、東京都HP「カード形式障害者手帳」で検索

2020年度版(令和2年度)「障がい者福祉のあらまし」を下記にて配布しています。

配布場所:区役所障害福祉課・各地域福祉課・障がい者総合サポートセンター
*障害者手帳を持参し、提示してください。
「お役立ち情報」にも掲載していますので、ご覧ください。

障害年金診断書の提出期限延長についてのお知らせ

詳細はこちらをクリック→【おおた区報7月21日号】または【日本年金機構】

新型コロナウイルスに関する情報

1)新型コロナウイルス感染拡大防止に必要な取り組みをわかりやすくまとめたリーフレット
  (主に知的障害のある人を対象)  (一般社団法人全国手をつなぐ育成会連合会より) 【お役立ち情報】に掲載

2)新型コロナウイルス感染症を病院以外の場所で治療した場合で治療した場合の特別措置について(ぜんち共催より) 
                                           【お役立ち情報】に掲載

3)団体保険制度「手をつなぐ暮らしのおたすけプラン」
  ≪団体長期障害所得補償保険≫ (一般社団法人全国手をつなぐ育成会連合会より)   【お役立ち情報】に掲載

オンライン研修会公開(主催:一般社団法人栃木県手をつなぐ育成会)

栃木県手をつなぐ育成会オンライン研修会が令和2年7月12日にありました。
全国手をつなぐ育成会連合会ユーチューブ公式チャンネルにて視聴可能となりましたので、お知らしします。
【主な内容】
1.「ウィズコロナ」「新しい生活様式」ってどういうこと?何が変わるの?
2.新型コロナであれも心配!これも困った!みんなのお困りを一緒にかんがえましょう
3.新型コロナでも「手をつなぐ」ために
こちらをクリック→【ユーチューブチャンネル:栃木県手をつなぐ育成会】